資本業務提携をお考えの方

資本業務提携とは

資材調達や物流面、技術開発や供与、生産、販売促進、人材交流など、企業同士が業務上の協力関係を結ぶことを「業務提携(アライアンス)」といいます。
さらに、資本参加により出資関係を構築する提携が「資本提携」です。
株式を持ち合う資本提携では、業務提携よりも強固な関係を結ぶことができます。

資本業務提携のメリット
提携する企業同士が一定の株式を持ち、経営に参画したり財務面で協力しあうことにより、商圏の拡大や商品の共同開発など、成長の種を自社の経営資源のみとするのではなく、他社との協力関係を構築することによって、より発展させ、互いの独立性を保ったまま、M&Aに近い効果を得ることができます。

▲ Page Top

ザイナスの提案する資本業務提携の流れ

ご相談
貴社の事業や提携対象企業に関するニーズなどについてヒアリングいたします。
機密保持契約の締結
ザイナスは企業の機密保持に細心の注意を払っています。
提携仲介契約の締結
当社と提携仲介契約を締結し、正式なご依頼となります。
提携候補企業のご提案
ザイナスグループの情報ネットワークを駆使して提携候補企業を探索・選定し、企業評価を行った上でご提案いたします。
初期アプローチ
匿名(ノンネーム)にて貴社の情報を提携候補企業へ開示し、提携の意思を確認いたします。
トップ面談・条件交渉
貴社の了解を得た上で、初期アプローチに興味を示した企業へ情報を開示いたします。トップ面談により、持ち株比率などの条件を調整いたします。
基本合意書の締結
諸条件が決定後、貴社と資本業務提携対象企業とで基本合意書を締結いたします。
最終条件の調整
資本業務提携についての最終条件を貴社と提携先企業との間で調整いたします。
最終契約締結
資本業務提携の最終契約書を締結いたします。

▲ Page Top