M&A基礎知識

M&Aとは

「M&A」とは、「Mergers and Acquisitions」の略語で、企業の「合併・買収」を意味します。
合併・買収だけでなく、広義では資本業務提携・合弁会社設立・OEM提携も含まれます。

▲ Page Top

M&Aの目的

M&Aは、企業の存続とさらなる発展を実現するために有効な経営戦略です。
「後継者問題」「製造業の空洞化」「大手企業の寡占化」「不採算事業・非コア事業の撤退」など、中堅・中小企業が抱える様々な経営課題の解決策として、M&Aへのニーズが拡大しています。

▲ Page Top

M&Aの手法

M&Aには、大きく分けて「合併」「買収」「分割」と、M&Aの準備段階で行われる場合がある「業務提携」などの手法があります。

合併
複数の企業を1つにする手法。
分割
会社を複数の法人格に分割し、事業を承継する手法。
買収
買収には次の2つがあります。
  • 株式取得
    株式取得には、「株式譲渡」「株式交換」「株式移転」「第三者割当増資」などの手法があります。
  • 事業譲受け
    事業の全てまたは一部を譲り受ける手法。
資本業務提携
提携希望の複数の企業が、経営支配権を伴わない程度に相手企業の株式を保有し、提携関係を結ぶ手法で、M&Aの準備段階で行われる場合があります。

▲ Page Top